観察力トレーニング

サイトマップ
脳トレ.com
 

観察力トレーニング

[脳トレの解説]

観察力トレーニングはいままで気づかなかった事に対して敏感になる脳トレーニングの一つです。

観察力は子供の頃にはよく使い発達する脳力ですが、大人になると観察力に対して鈍感になる事が多いと思います。
子供は思考する力はそれほどありませんが、その代わり観察する脳力には敏感です。

観察力で人間はゆっくりと変わるような事は意外と気が付かないことが多いという事です。
わかりやすいのは、今日は天気が良いと思ったけど、いつのまにか雨が降ってきた経験は誰でもあると思います。

天気は急には変わるのではなく、ある程度の時間をかけてゆっくりと変わるのが普通です。
環境の変化は自分が移動でもしない限り変わらないか、ゆっくりと変わっていくことが多いと思いますが、人間はゆっくりと変わることに鈍感な事が多いのです。

観察力がある人は世の中の変化に敏感な人だと思います。
状況の変化もゆっくりとしか変わらない事が多いですが、観察力があり敏感な人はその変化に気が付くのが早いのだと思います。

観察力が高くなると細かい所まで目が行き届いて小さなミスがなくなります。
ちょっとだけ違うことがあとで大きな問題になるような作業では、観察力が高いと確認するのが的確にできるようになります。

人間関係でも観察力がある人ほど相手の考えていることをよく理解しています。
相手の仕草や言葉から考えている事を的確に理解するような脳力も観察力が関係しています。
脳トレーニングは人間関係や話し方においても向上させる可能性をもっているのです。

 
 

答え